忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平成22年6月訪問
二代目つけそば(大盛) 830円
ラーメン専門店E.Y竹末の二代目つけそば(大盛)

今回で3連続の竹末さんですが、今回は二代目つけそばを大盛でいただきました。

で、二代目つけそばをいただくのも久しぶり(約2年ぶり)なんですが、前回の時と較べると、見た目は、麺の上に色々と載っているのは以前と変わらないものの、その中身が結構変わっていて、中でも大きな違いは、レモンが載らなくなった代わりに味玉が丸々一個載っていました。
早速、麺を付け汁に浸けていただけば、付け汁が以前と比べると穏やかになったというか、塩気や節系の香りが突出しなくなったような。何ていうか、インパクトは弱くなった気がするのですが、逆に麺との一体感が増したように思えます。
割りスープ太めのストレート麺は以前と変わらぬソリッド感で、まさに、高密度小麦物体。上に載った水菜やおかひじき、笹切りの白ネギなどと共にいただけば、風味や食感が変化に富んでいいですね。ちなみに、麺を盛られた更に水は全く溜まっておらず、最後の1本まで硬質な食感を楽しめます。
具の味玉は、中が半熟ゼリー状。卵自体の味が濃く、味加減はしょっぱ過ぎずいい塩梅で美味。それとメンマが、優しい味付けが丁度良い箸休めという感じで。
そして最後は、スープ割りで二代目スープを堪能してフィニッシュ!

というわけで二代目つけそばを堪能したのですが、やっぱりこちらは、何をいただいても美味しいですねぇ。個人的にもうちょっとのあいだ喜連川に通いそうなので、その間、こちらの味が楽しめると思うと嬉しくてなりません。
ごちそうさまでした。

ラーメン専門店 E.Y 竹末
住所:栃木県さくら市喜連川4440
電話番号:028-686-2085
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後5時~午後8時(スープ終了次第、閉店)
定休日:木曜日
店内喫煙:不可
駐車場:あり
 

PR

平成22年6月訪問
二代目中華そば(大盛) 800円
ラーメン専門店E.Y竹末の二代目中華そば(大盛)
水餃子 290円 と 半ライス 100円
ラーメン専門店E.Y竹末の水餃子と半ライス

前回に続く竹末さんですが、今回は二代目中華そばの大盛と水餃子、そして半ライスまでいただいてしまいました。

で、まずは二代目中華そば。
麺のアップまず見た目は、以前と比べると表面に浮く鶏油の塊が大きくなったような気がします。それにしてもこの鶏油、綺麗な黄色してますね。
濃厚鶏白湯スープは以前と変わらず美味ですが、前回いただいた時と較べるとキレがあるというか若干ライトになった気も。もっとも、二代目系をいただくのはかれこれ1年近くぶりなので、気のせいかもしれませんが。
スープは、中華そばと同様の細ストレート麺。中華そばの時に強く感じた香りは二代目だとそれほど主張はしませんが、スープとの相性はいい感じ。
具のチャーシューは、相変わらず美味でした。

それと水餃子は、皮がモチモチ。また中の餡は、噛むと肉汁がしたたり落ちるジューシーさで、ライスとの相性も絶妙というか。

というわけで、久しぶりに二代目と水餃子をいただいたのですが、やっぱりどちらとも美味しかった!
ごちそうさまでした。

ラーメン専門店 E.Y 竹末
住所:栃木県さくら市喜連川4440
電話番号:028-686-2085
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後5時~午後8時(スープ終了次第、閉店)
定休日:木曜日
店内喫煙:不可
駐車場:あり

平成22年6月訪問
中華そば 650円
ラーメン専門店E.Y竹末の中華そば
ミニチャーシュー丼 280円
ラーメン専門店E.Y竹末のミニチャーシュー丼

このところ、仕事で週に何回かさくら市の喜連川に通っているのですが、喜連川といえば個人的に真っ先に浮かぶのがこちら。平日にも行列が出来るようになってから個人的にはちょっとハードルが高くなってしまったと感じているのですが、せっかくの機会なので、喜連川での仕事が終わる間、何度かお伺いしてみようかと。
してその1回目は、こちらのお店の基本とも言うべき中華そばに、ミニチャーシュー丼の組み合わせでいただきました。

というわけで、まずは中華そば。
麺のアップまずはスープを啜れば、あっさりとしたガラだしと醤油の加減が何とも。前回いただいた時に較べると、よりあっさりとして醤油も控えめに感じたのですが、何ぶん前回中華そばをいただいたのが約2年も前のことなので…。
麺は、以前と形状は同じ細スレート麺。香りが強く、噛み応えは硬質。
具のチャーシューは厚めに切られ、柔らかくも歯応えもあり、味加減も丁度良く美味。また、以前は入っていなかった生タマネギの味と香りが、絶妙のアクセントになっている気がしました。

それと、ミニチャーシュー丼は、前述の美味しいチャーシューがたっぷりと堪能できます。これ、ご飯と一緒にいただいても、いいですねぇ。
また、以前いただいた時と較べると、マヨネーズがかかるようになっていましたが、これが邪魔にならない丁度良い量でした。

そんなわけで、久しぶりの竹末、堪能させていただきました。
ごちそうさまです。

ラーメン専門店 E.Y 竹末
住所:栃木県さくら市喜連川4440
電話番号:028-686-2085
営業時間:午前11時30分~午後3時/午後5時~午後8時(スープ終了次第、閉店)
定休日:木曜日(祝日はopen!)
店内喫煙:不可
駐車場:あり

平成22年6月訪問
かき揚げざるそば 780円
元ちゃんそばのかき揚げざるそば

こちらのお店、地元では知る人ぞ知るお店というか、コアなファンが多いのではないでしょうか。
で、こちらのお店で名物と言えば、つなぎが入ってツルッとした喉越しの田舎風蕎麦もそうなんですが、個人的には天ぷらかと。そんなわけで『山野菜天ざる』の超ボリューミーで野趣あふれるのも捨てがたかったのですが、今回は『かき揚げざる』をいってみました。

まず最初は、蕎麦をつゆに浸けていただけば、前述のとおりのツルッとした喉越しがいいですね。またつゆは、江戸前のように醤油で塩辛くなく、たっぷり浸けてもいい塩梅です。
次にかき揚げは、当然のことながら揚げたてで、大きいけれど全部サクサク!具はタマネギがメインの素朴な物で、またかき揚げなので油も若干強いと思うのですが、このサクサク感のお陰でドンドンいけてしまいます。
そして途中から、かき揚げに付く大根おろしや、小皿で個別に出されるトロロなどを適宜投入して味の変化を楽しむのですが、かき揚げがつゆを結構吸うので、途中でつゆの追加をお願いすると快く持ってきてくれました。
そして最後は、そば湯で締めれば、ものすごい満足感。いやぁ、お腹いっぱいです。

というわけで、個人的には久しぶりの訪問となったのですが、やっぱりウマカッタ!
何て言うか、気取らない味で、ガッツリいただけるって、素敵ですねぇ。
ごちそうさまでした。

そば湯とお品書き
tachigui0284.jpgtachigui0285.jpg

元ちゃんそば
元ちゃんそば 店舗外観
住所:栃木県さくら市鹿子畑1291
電話番号:028-685-3345
営業時間:午前11時~午後3時(そばが無くなり次第終了)
定休日:火曜日の午後2時から(火曜日が祝日の場合通常どおり営業)
店内喫煙:可
駐車場:あり

平成22年5月訪問
手打ラーメン 650円
万里の手打ラーメン

こちらは、私なんかが言うまでもなく、佐野の中では超が付くほど有名で、休日は行列が絶えないお店ではないかと。
個人的には、今から15年以上前に一度お伺いしてラーメンをいただいたことがあり、今回、それ以来の訪問となりました。

で、久しぶりにいただいたこちらのラーメン。
麺のアップ醤油の風味が強いスープに、塩気が効いた柔らかいチャーシュー、そして、ピロピロっとした柔らか目の食感の手打ち麺をいただけば、「あ、これこれ」と、以前いただいた時の記憶が甦ります。
実は当時、一緒に行った人たちが皆一様に「旨い」「旨い」と言う中、個人的には「不味くはないけどあまり好みじゃないなぁ」、なんて思ってしまったのですが、久しぶりにいただいた今回、味の印象は前回と同じなんですが、受ける感覚は「こ、これは美味し!!」と180度変わっていたことに、自分の事ながらちょっとびっくりしました。

というわけで、久しぶりの万里さんだったのですが、昔以上に堪能させていただきました。
ごちそうさまです。

お品書き
万里のお品書き(1)万里のお品書き(2)

万里
万里 店舗外観
住所:栃木県佐野市高萩町437-7
電話番号:0283-23-3891
営業時間:午前11時~午後6時(売り切れ終了)
定休日:水曜日
店内喫煙:不可
駐車場:あり

平成22年5月訪問
ネギチャーシュー(普) 830円
ラーメンショップ氏家店のネギチャーシュー(普)

当ブログでもっとも登場頻度の高いかもしれない、氏家のラーショです。
さんざんっぱらお伺いしている所なのでネタにならないとは思うのですが、このブログ自体が個人的ラーメンの記録ということでご容赦を。

で、前回ネギチャーシューをいただいた時同様、普通のネギラーメンを頼む時にアタリと思えるチャーシューが気合いを入れてネギチャーシューを頼む時に限って普通の物に感じる法則は健在でしたが、結局のところ今回も美味しくいただきました。

ごちそうさまです。

ラーメンショップ 氏家店
ラーメンショップ氏家店 店舗外観
住所:栃木県さくら市狹間田2864-19
電話番号:028-682-4293
営業時間:午前10時30分~午後8時
定休日:木曜日
店内喫煙:可
駐車場:あり(道路の反対側に駐車の際は横断注意!)

平成22年5月訪問
しょうゆらーめん 650円
純手打ラーメン大塚やのしょうゆらーめん
ミニ牛すじ丼 250円(ランチタイム価格) と 焼きギョーザ 400円
純手打ラーメン大塚やのミニ牛すじ丼純手打ラーメン大塚やの焼きギョーザ

宇都宮の環状線沿いにあって、以前の某チェーン店からこちらに替わった時からかなり気になっていたお店でした。
お店に入るとメニューの多さにちょっとびっくりしましたが、とりあえず初めてなので、基本っぽいしょうゆらーめんと、ランチタイムでお得にいただけるミニ牛すじ丼、そして焼きギョーザまでいただいてしまいました。

で、まずはしょうゆらーめん。
手打ち麺のアップスープは、あっさり穏やかですが旨みは結構強く、後述する手打ち麺との相性も良く感じました。
お店のウリである手打ちの麺は、コシがありつつも多加水な感じのトゥルっとした口当たりもあって、個人的にはかなり好印象。
デフォルトで3枚載るチャーシューは、あっさり目で柔らかな食感が、これまた麺やスープと良く合っていると思いました。

それと、一緒にいただいたミニ牛すじ丼は、柔らかく煮込まれた甘じょっぱい牛すじが、ご飯とよく合っていますね。また、プルプルっとしたりホロホロっとしたりする食感のバラエティーも楽しいです。
あと、焼きギョーザはとってもベーシックな美味しさでした。

というわけで、色々と堪能させていただいたのですが、同行者の注文した焼こってりやさっぱりも美味しそうだったし、メニューにあったトマト菜らーめんというのも大変気になったので、今度はそれらもいただいてみたいですね。
ごちそうさまでした。

お品書き
純手打ラーメン大塚やのメニュー(1)純手打ラーメン大塚やのメニュー(2)純手打ラーメン大塚やのメニュー(3)純手打ラーメン大塚やのメニュー(ランチタイムのサービス)

純手打ラーメン 大塚や
住所:栃木県宇都宮市駒生町1-22-49
電話番号:028-647-5556
営業時間:午前11時30分~午後9時(ラストオーダー午後8時40分)
定休日:月曜日
店内喫煙:?
駐車場:あり

平成22年5月訪問
月見うどん 450円 + かき揚げ 150円
東北自動車道羽生PA(下り線)[Pasar羽生]フードコート『羽生製麺処』の月見うどん+かき揚げ

東北道下り線の羽生PAですが、昨年11月に『Pasar(パサール)羽生』としてリニューアルしたようで、そのスナックコーナーも、多数のテナントが入ったフードコートになっていました。
で、その中に入っているのがこちら。
羽生のお隣がうどんで有名な加須であるせいか、こちらのお店はメニューにそばがなくうどんのみで、また、天ぷら類(かき揚げや海老天など)は各自セルフで追加というのも珍しいかと思ったのですが、結局のところ、いただいたのはいつものかき揚げ+卵と同じになる、月見うどん+かき揚げという組み合わせに。

まず最初はかき揚げ投入前のつゆからいただくと、濃口醤油+節系主体の関東系のつゆのように感じました。また、塩気は最近のSA・PAでは珍しく、薄くないのがいいですね。
うどんは、調理時間からすると茹で置きだとは思うのですが、結構むっちりとした食感で悪くなかったです。
かき揚げは、型を使って揚げたと思われる大きな円筒形で、具は細(ほそ)切りの野菜がメイン。揚げ置きのおかげで結構固めの食感になっていましたが、つゆとの馴染みは良いかと。

というわけで、結構美味しくいただきました。
ごちそうさまです。

うどん類のお品書き
東北自動車道羽生PA(下り線)[Pasar羽生]フードコート『羽生製麺処』のお品書き

東北自動車道 羽生PA(下り線)[Pasar羽生] フードコート『羽生製麺処』
[(株)ネクスコ東日本リテイル?]
東北自動車道羽生PA(下り線)[Pasar羽生]フードコート『羽生製麺処』 店舗外観
電話番号:048-566-2300
営業時間:24時間

平成22年5月訪問
にぼらやセット 850円
にぼしらーめんにぼらや酒場通り店のにぼらやセット

熊本のラーメンアウェイの2軒目にして最後は、熊本市の繁華街にあるこちらで。
で、お店のウリらしい煮干しラーメンと、小ぶりな半熟煮玉子丼がセットになったにぼらやセットというのをいただきました。

まずは、ラーメンのスープを一口啜ると、煮干や節系など魚介系、それに昆布の旨みを中心としたまあるい味が。無化調なので一口目インパクトはありませんが、ジワジワと美味しさが込み上げてくるようなスープで、ま麺のアップた、無化調のラーメンにありがちな強めの塩気がないのも好印象。あと、食べ進むうちに感じる柚子の香りが、絶妙のアクセントになっている様な気がしました。
麺は、プリッとした食感とハリのある中細麺。最初はちょっと固めな歯応えに感じましたが、そのうちスープと馴染んで良い感じに。
それに具の、キチンと仕込まれた感が伝わってくるバラチャーシューも美味しいですね。
そしてセットの半熟煮玉子丼ですが、いい塩梅の煮玉子とフレーク状のチャーシューなどが、ご飯との上に割とたっぷり載っていて、これもまた。

というわけで、旨い旨いと両方とも一気にいただいてしまったのですが、カウンターに置いてあって何に使うのかよく判らなかった鰹節って、実は各自ラーメンに投入していただく物だったのですね。
帰ってからこちらのお店のウェブサイトを見つけそのことを知った時、ちょっと残念だったというか、鰹節無しでも十分に美味しくいただけたのですが、フレッシュな鰹節の香りが加われば、更に美味しくいただけたのでは、なんて。
それでも、まさか九州でこんなに美味しい煮干ラーメンがいただけるなんて、正直言って、ちょっと驚きでした。
ごちそうさまです。

お品書きと卓上の調味料(黒七味とコショウ)
にぼしらーめんにぼらや酒場通り店のお品書き(ランチタイム?)卓上の黒七味とコショウ

にぼしらーめん にぼらや 酒場通り店※音量注意
にぼしらーめんにぼらや酒場通り店 店舗外観
住所:熊本県熊本市下通1-5-17
電話番号:096-356-3060
営業時間:午前11時~翌午前4時
定休日:無休
店内喫煙:可?
駐車場:なし?(近隣に有料P有り)

平成22年5月訪問
タイピーエン 945円
中華菜館中華園のタイピーエン

例によって、栃木SCの応援ついでのラーメンアウェイなんですが、今回は熊本まで。

熊本県の熊本市を中心とする地域には『太平燕(タイピーエン)』と呼ばれる春雨を使った料理があり、その元祖と言われるお店がいくつかあるのですが、そのうち1つが、今年1月にお伺いした紅蘭亭下通本店。そして今回お伺いしたのも、元祖と言われるお店の一つであるこちらなんですが、そのお店は、熊本市の交通の要衝である熊本交通センターに隣接する百貨店『くまもと阪神』8階にあり、レストラン街の中にある中華レストランのテナントといった感じでした。

で、いただくのは勿論タイピーエンなんですが、まず見た目は、スープが以前いただいた紅蘭亭さんよりも透明春雨のアップ感があり、上に載った玉子も、揚げ卵(虎皮蛋)ではなく煮玉子のよう。
早速スープを啜ると、清湯寄りのあっさりとした中華スープがベースと思われるのですが、ゴマ油の香りが強く、また具にたっぷりと入った椎茸の味も割と主張してきます。
具は、野菜(前述の椎茸と白菜が中心でした)と豚肉、そして魚介類白菜など。野菜が全て細(ほそ)切りなのは、春雨と絡み易いようにとの配慮でしょうか。また煮玉子は、八角の香りが効いています。
そして春雨は、固めの食感ですが、それほど強固ではなく、適度に柔らかさもありました。

というわけで、個人的には2回目のタイピーエンだったのですが、今回は、お店よってかなり違いのある物だということを認識した次第です。
また当地を訪れた際には、別の店でいただいいて、さらなる違いを味わってもいいかな、なんて。
ごちそうさまでした。

中華菜館 中華園
中華菜館中華園 店舗外観
住所:熊本県熊本市桜町3-22 くまもと阪神8階
電話番号:096-355-2650
営業時間:午前11時~午後9時
定休日:不定休(くまもと阪神に準ずる)
店内喫煙:?
駐車場:くまもと阪神の提携駐車場利用

平成22年5月訪問
ラーメン 600円
おおもりのラーメン
もつ煮 400円
おおもりのもつ煮

説明不要の超有名店なのですが、個人的にはこれまでお伺いする機会が無く、長年の宿題になっていたのですが、今回、念願の初訪問を果たすことが。
で、いただいたのは当然のことながら看板メニューの塩ラーメン(お品書きには『ラーメン』との表記)と、店主さんオススメのもつ煮です。

というわけで、まずはラーメンから。
麺のアップ見た目は、油があまり浮いておらずほぼ透明なくらい澄んだスープにから覗く麺と具が、何とも綺麗な感じ。
そしてスープを一口啜れば、きわめてあっさりした中にも自然な旨味が。ベースは鶏ガラで、他にも魚系や野菜類を使っているとのことですが、個人的にはゲンコツの風味が一番感じたような気が。(このへん自信なし)
麺は、自家製の手打ち麺で、モチっとした歯応えと、手切りならではのプルっとした食感がいいですね。
また、具のチャーシューがまた絶品。ホロホロに柔らかい食感で、味付けも絶妙。これなら、チャーシューメンにすれば良かったかもしれません。それと岩のりは、その香りがスープにベストマッチというか、元々のスープの香りを上手くフォローしてくれる感じで、また、プチプチした歯応えも楽しいですね。

そして、一緒にいただいたもつ煮、これがまた。
こちらのモツは、一般的には小腸を使うところ大腸を使っているとのことですが、当然臭みなど全くなく、口に入れればトロトロのプルプル。
また、使われている味噌の香りがことのほか良く、ライスが激しく欲しくなってしまいました。

そんなわけで、どちらもとても美味しくいただき、満足させていただきました。
是非、また来たいと思います。
ごちそうさまでした。

お品書きとサービスのお新香(3人前)
おおもりのお品書きサービスのおしんこ(3人前)

おおもり
おおもり 店舗外観
住所:栃木県那須塩原市鍋掛1015-37
電話番号:0287-63-8401
営業時間:午前11時~午後8時(スープ切れ終了)
定休日:火曜日
店内喫煙:不可(土日のみ?)
駐車場:あり

平成22年5月訪問
とりモモちゃあしゅうめん 850円 + 煮玉子 100円
 最強らあめんのとりモモちゃあしゅうめん+煮玉子

こちらのお店、来たい来たいと思いつつも中々お伺いするチャンスが無かったりしたのですが、今回2年4ヶ月ぶりに訪問。で、前回はつけ麺だったのですが、今回はラーメンをば。こちらのラーメンをいただくのって、3年ぶりくらいかもしれません。

まずはスープからいただくと、以前いただいた時と較べ生姜の風味が強くなった気がしましたが、豚を中心とした濃密な動物系の旨さがブワーっとくるところは以前と変わらず。タレというか味の濃さというより、使われている素材感でインパクトを出しているストロングな感じのスープですが、獣的ワイルドさをあまり感じず後味も割とスッキリなのは、スープに大量に使われているという日本酒のおかげでしょうか。
極太麺のアップ煮玉子の断面捩れの入った極太麺は、むっちりとした噛み応えと小麦の密度感が、ものすごい存在感を放っているというか。こちらのラーメンって、ますはこの麺ありきというか、この強力な麺に合わせて、ストロングなスープが作られているような気がします。
そして、バーナーで丁寧に炙られた鶏チャーシューは、柔らかく、仲間でしっかりと味が染みて絶品。また煮玉子も、丁度良い味加減と半熟具合が良いですね。

というわけで、ものすごく久しぶりのこちらのラーメンだったのですが、大変美味しくいただきました。
ごちそうさまです。

お品書き
最強らあめんのお品書き

最強らあめん(ドイツビアレストラン ホフブロイハウス)
最強らあめん(ドイツビアレストラン ホフブロイハウス) 店舗外観
住所:栃木県宇都宮市馬場通り2-2-6
電話番号:028-633-8117
営業時間:午前11時30分~午後2時/午後5時~翌午前0時?※夜の部でも『最強らあめん』の提供が開始されました!
定休日:日曜日、第1,3,5木曜日?
店内喫煙:?
駐車場:なし

平成22年5月訪問
絶品たんめん 730円
タンメンワールド横濱一品香(横濱一品香相鉄ジョイナス店)の絶品たんめん
辛味ひき肉の卵たんめん 750円
タンメンワールド横濱一品香(横濱一品香相鉄ジョイナス店)の辛味ひき肉の卵たんめん
ミニちまきセット 140円
タンメンワールド横濱一品香(横濱一品香相鉄ジョイナス店)のミニちまきセット

一品香といえば、個人的には小山や宇都宮にあるラーメン店を連想してしまうのですが、横浜のほうにも同じ屋号を持つ中華料理のチェーン店があり、何でも、『元祖・横浜たんめん』のお店ということで、マスコミにも取り上げられたことがあるそうです。
で、こちらのお店なんですが、実は、「『元祖』の味でもいただこうかしらん」と思ってお伺いしたわけではなく、たまたま横浜で栃木SCの試合があった時、「混雑する中華街とかで昼食を食べるのもしんどかったので横浜駅の近くで済ませてしまおう」という、きわめて安易な理由でお伺いし、店内でお品書きを見た時に前述の『元祖』の話を知った次第でして…。

というわけで、まずは、こちらの基本と思われる絶品たんめんから。
見た目は、特に一般的なタンメンと変わりなく、スープ表面に炒め油が結構浮いているかなぁ、という程度。
で、まずはスープを一口いただくと、いきなり、かなりのニンニク風味が感じられます。個人的には、ここまでニンニクの風味が効いたタンメンというのは記憶にないので一瞬面食らいましたが、これはこれで悪くはありませんね。また、途中からコショウやお酢を投入してもいい感じです。
麺は、幅が結構広い平打ち麺。ツルっとしていますが、コシは案外控えめな印象。
具の野菜は、もやし、白菜、にら、きくらげなど。人参が入ってないのは現在天候不順による不作で市場にあまり出回っていないせいでしょうか?

それと、同行者のを貰って食べた辛味ひき肉の卵たんめんですが、食べ始めはアッサリとした玉子スープに細麺が入った優しい味。
で、これがいただいてるうちに上に載った挽肉が混ざり合い、味がだんだんと変わっていくのが面白いかと。

そして、セットでいただいたミニちまきは、一口サイズながら、コロッとしたお肉がちゃんと入っていて、お味の方も、しっかりと中華ちまきしてました。

そんなわけで、駅チカでお手軽に済ますという理由でお伺いしたにも関わらず、どれも結構美味しくいただけました。
ごちそうさまです。

タンメンワールド 横濱一品香 (横濱一品香 相鉄ジョイナス店)
タンメンワールド横濱一品香(横濱一品香相鉄ジョイナス店) 店舗外観
住所:横浜市西区南幸1-5 相鉄ジョイナス地下2階
電話番号:045-311-0608
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:無休(ジョイナス休館日除く)
店内喫煙:不可
駐車場:相鉄ジョイナスの有料駐車場利用
 

平成22年5月訪問
ぶっかけ 450円
高松空港旅客ターミナルビル2階手打免許さぬき麺業高松空港店のぶっかけ

この日は、高松周辺をいろいろと堪能した後、バスで高松空港へ。あとは飛行機で羽田へ帰るだけなんですが、最後にもう1杯。昼に食べ逃した冷たいうどんをいただくべく、空港内にあるこちらにお伺いしました。

で、こういう事をすると大抵は後悔したりするのですが、こちらのお店はそんな事ありませんでした。
適度に締められたうどんは、ツルツルのシコシコ。
だし醤油もいい塩梅で、大根や生姜のおろした物、香ばしいゴマやネギと共に、アッサリ美味しくいただけました。
また、レモンは退けておいて途中から搾ってみたのですが、以外と合うものなんですね。

というわけで、今回の四国での最後の一杯、堪能させていただきました。
ごちそうさまです。

店頭のディスプレイ
高松空港旅客ターミナルビル2階手打免許さぬき麺業高松空港店の店頭ディスプレイ 

高松空港 旅客ターミナルビル2階 手打免許 さぬき麺業 高松空港店
手打免許さぬき麺業高松空港店 店舗外観
住所:香川県高松市香南町岡1312-7 高松空港 2F
電話番号:087-835-8163
営業時間:午前7時~午後6時40分
店内喫煙:可(分煙)

平成22年5月訪問
二玉(うどん+中華そば) 270円 + 生たまご 40円
松下製麺所のうどん+中華そば+生たまご

香川県といえば超有名な讃岐うどんがあり、高松市内にもそのお店は数多くあるのですが、その中で多いのが、製麺所に食べられる所を併設した店舗なのではないでしょうか。
こちらのお店もそんな感じというか、街なかの製麺所に立ち食いスペースが付いているようなお店で、お昼過ぎにお伺いしたところ、店の前の道路には凄い行列が出来、その周りでは店内から溢れたお客さんが、皆立ったままうどんを啜っていました。
で、事前に調べたところ、こちらのお店はうどんの他にそばや中華麺も食べられるとのことで、お店に向かう前は「1杯目はぶっかけあたりの冷たいうどんをいただいて、2杯目は中華麺を貰いだし汁と共に堪能しようかなぁ」何て目論んでいたのですが、あまり時間がなかったのと前述の凄い行列のおかげですっかりビビってしまい、並んでいる途中に急遽予定を変更というか、数人前のお客さんのを真似して、「うどんとラーメン。そして生卵。」という注文になってしまいました。 

というわけで、丼に入れられて手渡された麺をテボ(取っ手付きの深いザル)に入れて暖め(この時、同じテボに入れても不思議な事にうどんとラーメンは混ざらないんですね。)、横にある暖かいつゆを掛け、その近くにある薬味類(ネギとショウガ、そして天かす)を入れ、生卵を割り入れれば準備完了。店内に8席しかない椅子席が丁度空いたところだったので、そこに座っていただきました。

まず一口いただいたつゆは、いかにも当地のつゆといった感じの薄い色の物で、これといって突出した香りとかはありませんが、旨味と塩気のバランスが取れていて美味。
またうどんは、コシが超強いというわけではありませんが、うどん自体がいい感じの味で、さらに適度な噛み応えと喉越しがいいですね。
そして、縮れの入った中華麺は、どちらかというとボソっとした噛み応えで、不思議とだし汁にマッチ。というか、昨年鳥取でいただいたラーメンを思い出したのですが、中華麺とだし汁の組み合わせって、個人的には好きだったりします。

と、美味しくいただいて丼を片付けようとすると、先程までの凄い行列はほとんど無くなり、時間もまだまだ余裕が。
「これなら、もう1回並んで食べられたなぁ…。」
そんなわけで、何とも心残りな訪問になってしまったのですが、このあたりの方が、普段いただいているうどんの美味しさの一端は垣間見えたかな、なんて。そして、是非もう一度お伺いして、今度はうどんと中華そばを、キチンと分けていただきたいものです。

ごちそうさまでした。

お品書き(というより価格表)
松下製麺所の価格表

松下製麺所
松下製麺所 店舗外観
住所:香川県高松市中野町2-2
電話番号:087-831-6279
営業時間:午前7時30分~午後5時30分
定休日:日曜日
店内喫煙:?
駐車場:?

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索

Copyright © [ たけぞうのおぼえがき ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]