忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青ねぎラーメン(醤油) 750円
ラーメン太七の青ねぎラーメン(醤油)
もつ焼 400円 と 半ライス 150円
ラーメン太七のもつ焼と半ライス

佐野の有名店のひとつで、ピーク時には行列もできるそう。確かに、10月3日(日)の午後6時頃お伺いしたところ、待ち客が店外まで溢れていました。ちなみに、こちらのお店の待つ時のルールは、店内に空席があろうとも行列が出来ていたらその後ろに並び、店員さんの指示があるまで入店は控えるように、とのこと。というわけで暫く待った後店員さんに声を掛けられ入店。着席するとすぐに注文を尋ねられるあたりも、混雑する人気のお店という感じがします。
で、こちらのお店は『青ねぎラーメン』が有名で、テレビ番組(TBS『王様のブランチ、フジテレビ『もしもツアーズ』)でも取り上げられたとか。メニューを見るとそれ以外にもいろいろとあるのですが、結局のところ自分は名物の青ねぎラーメンともつ焼と半ライス、同行者はノーマルなラーメンという組み合わせでお願い。注文してからはそれほど待たずに、まずはもつ焼と半ライス、そしてほどなくしてラーメン2品の順で登場しました。

まずいただくは、自分の注文した青ねぎラーメンから。
見た目は、丼一面に載った青ネギがすごいですね。
そのネギをかき分けスープをいただけば、見た目どおり大量の青ネギが味を支配していると思いきや、実際にはそんなことはなく。ネギの味というよりも、ダシは動物系を多く感じ、気のせいか貝のような旨味も感じられ、黒コショウのようなピリッとした後味もあり、元のスープが、個人的には結構ワイルドでパンチの効いた味だと思いました。で、比較の為に同行者のラーメンをいただいてみると、同じような味なんですが、青ねぎラーメンよりも更にガツンと来るというか、シャープな感じが。青ねぎラーメンのほうは、大量の青ねぎにスープの熱が加わることによって甘が出ているせいでしょうかね?
麺は、縮れが強く幅が広め手打ち麺。歯応えはトータルでは強めに感じますが、場所によっては柔らかいところもあったりと、手打ち麺らしい食感の違いも感じられます。
青ネギ以外の具は、@状のチャーシューとメンマ。両方とも、シンプルに感じられる味付けが佐野っぽいですね。

それと、一緒にいただいたもつ焼は、全体にタレがかかっているのですが、それの他、ハード・ソルトandペッパーという感じで、おかげで、半ライスが進みまくりというか。
こちらもラーメン同様、パンチが効いてますねぇ。

同行者のいただいた ラーメン 580円
ラーメン太七のラーメン
店舗入り口に掲げられた店主さんのこだわり
店舗入り口に掲げられた店主さんのこだわり
お品書き
ラーメン太七のお品書き

ラーメン 太七
夜のラーメン太七 店舗外観道沿いの目立つラーメン太七の看板
住所:栃木県佐野市堀米町42-3
TEL:0283-21-8448
営業時間:平日・土曜日 午前11時~午後2時30/午後5時30分~午後8時30分、日曜日・祝日 午前11時~午後8時30分
定休日:月曜日
店内喫煙:不可
駐車場:あり

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ たけぞうのおぼえがき ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]