忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりそば 578円
とりそば
石焼きチャーハン 525円
石焼きチャーハン(混ぜる前)石焼きチャーハン(混ぜた後)ちなみにサラダはスープに替えられます
焼き餃子 74円×5個
焼き餃子×5個 ちなみに形が変わったのは2009年1月19日から

ものすごく空腹の時、こちらのお店にお伺いするのは、個人的にかなりヤバイんです。何故なら、美味しいラーメンの他、魅力的なサイドメニューの数々の誘惑に、つい負けてしまい、やたらと頼んでしまうので…。
今回お伺いした時ものすごく空腹だったので、新メニューらしいとりそば、そして石焼きチャーハン、それに焼き餃子まで頼んでしまいました。

で、まず登場したのは石焼きチャーハン。
焼けた石焼きビビンバの器に、ご飯、貝や海老、温泉卵などの具材に、大きなバターが一かけ載ってます。
早速タレをかけスプーンでよく混ぜると、ほどなくしてパラパラのチャーハンが出来上がり、そして、所々には香ばしいお焦げが。
いただいてみると、バターが上手く全体をまとめていて、何とも美味しかったです。

チャーハンをいただいていると、メインのとりそばが登場。
そのとりそばは、地鶏だしの醤油ラーメンの上に、溶き卵、ネギ、白菜の入ったゴマ油が香るトロミの強い餡が載っていました。
この餡が麺に絡んで、もう。
登場した時は器の大きさ(肉みそ肉しおラーメンと同じ丼です。)にビビリがました(今回は色々頼んでしまったので、完食できるかちょっと心配になりました)が、気が付けば完食。
これは美味しいなぁ。

そしてとりそばをいただいている時、焼き餃子が登場。
入り口の所に貼り紙がしてありましたが、以前の特徴的な満月形から、今度のは三日月形に形状が変わっていました。
また、中身の餡も以前はかなり高密度だったような気がした(ただ、いただいたのがだいぶ前の話なので、勘違いしてる可能性もあり。)のですが、今度のはフワッと適度な密度感。
お味の方は、野菜中心の餡がサッパリとして、いくらでも行けそうな気がします。

というわけで、今回も満足させていただきました。
ごちそうさまです。

お品書き2009.02.28ver
お品書き(1)お品書き(2)
お品書き(3)お品書き(4)お品書き(5)

ふうふう亭
住所:那須塩原市春日町121-140
電話:0287-64-2205
営業時間:日曜日・祝日 午前11時30分~午後8時、それ以外 午前11時30分~午後9時
定休日:木曜日
店内喫煙:可
駐車場:あり


追伸
ふうふう亭からの帰り道、普段の国道4号ではなく、裏道というかブリジストンのテストコースの方を通ったら、道路がいきなり蛇尾川を橋もなく横断したのにはビックリしました。
でも、そこから見た大佐飛山地と那須連山は、とってもきれいだったなぁ。
奥に向かって左手方向が大佐飛山地、右手方向が那須連山の筈

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ たけぞうのおぼえがき ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]