忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しょうがらーめん 682円
しょうがらーめん
ぎょうざ 399円
ぎょうざ
 

実はこの日、大平町にある森田屋大平支店に向かっていたのですが、その途中というか、そのすぐ近くにこちらのお店を発見!
「小三郎といえば、佐野の有名店(おぐら屋)で修行した店主が独立したところで、『しょうがらーめん』が有名」というくらいの予備知識はあり、是非一度いただいてみたいと思っていたので、森田屋大平支店でラーメンをいただいた後、急遽、おうかがいすることにしました。

お店には午前11時20分頃到着しましたが、店内はテーブルや座敷を中心にほぼ満席。ただ、カウンターは空いていたので、そこに案内されました。
で、いただくはしょうがらーめんなのですが、周りのお客さんが皆注文しているのを聞いて、ついぎょうざも一緒に頼んでしまいました。(連食なのに…。)

注文すると、まずレンゲと小皿(餃子用?)が登場し、そして程なくしてまずはぎょうざが登場。混雑しているのにもかかわらず、ものすごく早いですね。
ぎょうざの断面それにしても、ぎょうざはかなりのジャンボサイズです。(1コ約50gとのこと。)
とりあえず何も付けずにかぶりつけば、厚めの皮はモチモチのカリカリ。
キャベツやニラなど野菜中心の餡はしっとりとしており、ニンニクが結構強めに感じました。
また、餡にはうっすらと味が付けられており、そのままでも充分にいただけますね。

さらに程なくしてしょうがらーめんが登場。
スープがこぼれているトレーごと提供されるのは、こちらのお店が常に混雑している証拠でしょうか。
麺のアップで、そのしょうがらーめん。まず最初に、上に載るタレで和えられたショウガを混ぜないようにしてスープをいただくと、透明に近い見た目に反して、ハッキリとした旨味が感じられました。それと、まだショウガを混ぜていない今の段階でも、生のショウガの爽やかな風味が感じられます。
そしてショウガを混ぜてみると、一気にショウガワールドというか。ただ、先程感じた強めの旨味のせいか、ショウガの風味や辛味にもスープが負けず、旨い具合になってますね。
シコシコっとした食感の中細麺は手打ちとのことですが、先程いただいた森田屋大平支店さんと違い、ソリッドな食感。
具は、脂がそぎ落とされた@状の柔らかいチャーシューと、ナルト、メンマ、白ネギです。

というわけで、連食にもかかわらず、しょうがらーめんとぎょうざを堪能いたしました。
連食、そしてぎょうざまでいただいたおかげで、さすがに最後のほうはちょっと苦しくなりましたが、ショウガの風味で完食することが。
ごちそうさまでした。

お品書きと卓上の調味料など
お品書き卓上の調味料など
 

ラーメン処 小三郎
ラーメン処小三郎 店舗外観
住所:栃木県下都賀郡大平町西水代2865-1
電話番号:0282-43-0414
営業時間:午前11時~午後7時30分
定休日:月曜日
店内喫煙:不可?
駐車場:あり

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ たけぞうのおぼえがき ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]