忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平成21年9月27日(日)に、セレッソ大阪と戦う某SCを応援しに大阪は長居スタジアムにて行ったのですが、今回の遠征は一人で行ったのをいい事に、試合前に阪堺電車の全線と南海電車の通称汐見橋線などに乗ってきました。
というわけで、以下はその時の記録となっていたりするんですが、例によって、長文かつ重いエントリになっておりますので…。



柳田車庫(21:00)-(7:27)あべの橋
とちの木号

柳田車庫停留所で発車を待つとちの木号
とちの木号の車内(2階)
(関東自動車車、三菱ふそう エアロキング)
今回大阪までは、関東自動車と近鉄バスが共同で運行する深夜バス(夜行高速バス)『とちの木号』で。途中、途中首都高で渋滞に捕まった時は翌日の予定が心配になってちょっと焦った(おかげで途中の京都まで若干遅れた)のですが、その後降車客のいないバス停いくつか通過したおかげで、終点のあべの橋バスステーションには定刻より3分ほど早着。
今回は愛媛の時のような変な外国人もいなくて、おまけに車内はかなり空いていたこともあり、わりと快適に過ごすことができました。
あべの橋停留所に到着したとちのき号

工事中の天王寺駅
あべの橋バスステーションに到着後は、あびこ筋を挟んで向かい側のJR天王寺駅へ、歩道橋を渡って移動。天王寺駅は、今、改修工事中なのか、建物の外側が白い覆いで囲まれていました。
で、その天王寺駅構内にある『南海そば天王寺店』で朝食。何ていうか、ここいらへんの立ち食いうどんて、うまいですよねぇ。
そしてその後は再びあびこ筋を歩道橋で越え、今回の試合以外の第一の目的である、阪堺電車の天王寺駅前駅へと向かいました。
阪堺電車の天王寺駅前駅天王寺駅前駅の構内(1)天王寺駅前駅の構内(2)

天王寺駅前(7:51)-(8:08)住吉公園
47
天王寺駅前駅で発車を待つ住吉公園行き
604号の車内
(604)
最初に乗るのは、阪堺電車の上町(うえまち)線。なんでもそのルーツは明治33年(1900年)に天王寺西門前-東天下茶屋間に開業した馬車鉄道(大阪馬車鉄道)で、その後の改軌、電化、路線延長、一部区間の大阪市電への譲渡、経営会社の変更などを経て今に至る路線だそうです。
で、1日乗車券を購入後、その上町線全線を走破する住吉公園行きに乗車。車両はモ601形という形式で、平成8~10年に製造された新しい車両ですが、一部の部品(制御装置、ブレーキ、営業機器)に以前廃車となった車両の物を流用しているそうです。
天王寺駅前駅を発車した列車は、併用軌道であべの筋を走行。じつはこの道、今から20年以上前に通学のため歩いていたところなので、ちょっと感慨深かったりして。その後、松虫駅の手前から専用軌道に入り、北畠駅の手前でまた併用軌道へ。この辺りは、先程のあべの筋と較べると、道もさほど広く無く、高層マンションの類もない住宅街なので、だいぶ雰囲気が違いますね。その後、帝塚山四丁目駅からは再び専用軌道に入り、築堤で南海電鉄高野線をオーバーパス。そして住吉駅で阪堺線を併用軌道で平面交差すると、ほどなくして終点の住吉公園駅に到着。ちなみに車内は、日曜の朝とあってか、終始空いていました。
というわけで、天王寺駅前駅から約17分の短い旅でしたが、沿線風景は変化に富み、とても面白かったです。
松虫駅の手前から専用軌道へ(最後部の窓から撮影)松虫駅-東天下茶屋駅間の専用軌道(最後部の窓から撮影)北畠駅の手前から再び併用軌道へ
とってもシブい姫松駅の待合室住吉駅で阪堺線を併用軌道で平面交差住吉公園駅に到着した列車

住吉大社駅の駅名標住吉大社駅を通過する回送列車
住吉公園駅で下車した後は、渋い雰囲気で歴史を感じる商店の並ぶガード下を抜け、隣接する南海電鉄南海本線の住吉大社駅へ。
ここから、次の目的である汐見橋線(通称)の乗換駅である岸里玉出駅に向かいます。

住吉大社(8:13)-(8:17)岸里玉出
6518
住吉大社駅に入線する普通列車なんば行き
(サハ7870)
とりあえず、やって来たなんば行きの普通列車に乗車。7100形という形式の車両でした。
で、発車するあっという間に、2駅と先の岸里玉出駅に到着。
岸里玉出駅に停車していた汐見橋線の列車岸里玉出駅の駅名標(汐見橋線)

岸里玉出(8:25)-(8:34)汐見橋
5012
岸里玉出駅てせ発車を待つ汐見橋行き各停
(2201)
南海電鉄というと、大阪は難波を起点に和歌山、そして高野山へ向かう鉄道というイメージがあるのですが、その高野山へ向かう路線(高野線)の起点は、正式には難波駅ではなく、本来はこれから向かう汐見橋駅とのこと。というわけで、これから乗る路線は、汐見橋線という通称で呼ばれているものの、正式には高野線の一部となるそうです。ただし、現在では高野線とは物理的に繋がっておらず(ちなみに、南海本線と線路は繋がっているが直通列車は無し。)、ほぼ隔絶された複線の線路の上を、1本の列車が30分間隔で折り返して走る支線のような存在になってしまっているそうです。
その通称汐見橋線の列車は、1面1線の独立したホームに2両編成の電車がポツンと停まっていました。車両は2200形という形式で、元々は高野線の山岳区間直通運転用車両(ズームカー)でしたが、現在は支線用として使われています。また、この区間はワンマン運転されているそうです。
と、例によって長い前振りとなったのですが、定刻となり10人くらいの乗客を乗せ発車。左にカーブすると複線になり、高架から地上へ。その後は終点の汐見橋駅まで大阪の下町を粛々と走るのですが、車内及び沿線の雰囲気というか佇まいは、都会のエアポケットというか、トワイライトゾーンというか、この路線の沿線だけ刻が止まっているかのような感覚がありました。もっとも、これは乗客の少ない日曜の朝だったことも大きいと思いますが。 

汐見橋駅の駅名標汐見橋駅の駅舎
汐見橋駅の待合室(改札口上部には昭和30年代の南海電鉄沿線観光案内図が!)
汐見橋駅は、元々はターミナルであったと思わせる頭端式ホームを持つ駅で、改札口の上部の壁には、この駅舎が建てられた昭和30年代当時の『南海沿線観光案内図』がボロボロになりつつも残っていました。
駅舎の外に出てみると、目の前には広い千日前通りがあり隣には出来立てでピカピカの阪神なんば線桜川駅の出入り口が。
何ていうか、この路線の沿線同様、この駅だけ刻が止まっているかのような感覚です。

汐見橋(8:40)-(8:49)芦原町
5011
汐見橋駅で発車を待つ折り返しの岸里玉出行き各停
(2201)
汐見橋駅からは、折り返しの岸里玉出行きに乗車。
もっと堪能したかった通称汐見橋線ですが、次の予定もあるので、後ろ髪を引かれる思いで次の芦原町で下車。
この雰囲気が残っているうちに、是非もう一度来てみたいですね。
最後尾の窓から1 汐見橋駅を後に最後尾の車窓から2 阪神高速に沿って芦原町駅の駅名標
芦原町駅の駅舎
 

大阪環状線の高架と芦原橋駅遠景
芦原町駅で降りた後は、そこから程近いJR大阪環状線の芦原橋駅まで徒歩で移動。
それにしても、最近はネットの普及、特にGoogleマップなどの地図サイトのおかげで、このように隣接はせずとも乗り換えが可能な駅というものが簡単に判って、大変便利になったなぁ。
 

芦原橋(8:51)-(8:54)新今宮
1371
芦原橋駅に到着した大阪環状線1371列車
(クハ103-841)
駅構内の貼り紙に驚いたりしつつ、丁度やって来た大阪環状線内回りの列車で2駅先の新今宮駅まで。
今から20年以上前に大阪に住んでいた時には何度となく利用した大阪環状線ですが、そこを走る車両は、当時と同じ103系電車。もっとも、当時はまだ国鉄仕様というか製造当時と変わらない姿だったのですが、大幅な延命(体質改善40Nでしょうか?)工事のお陰で、外装や車内がだいぶモダンになっていましたが。

新今宮駅JR改札口付近
新今宮駅で降りた後は、隣接するはずの阪堺電車の南霞町駅に向かおうとするも、地図を持っていたにもかかわらず、間違えて駅の周りをほぼ一周してしまいました。
南霞町駅入り口付近1南霞町駅入り口付近2南霞町駅の駅名標
南霞町駅に入ってきた我孫子道行き列車 

南霞町(9:14)-(9:16)恵美須町
88
南霞町駅に入ってきた恵美須町行き列車
(705)
南霞町駅に着くと、丁度列車が出てしまった直後のようでした。
そのまま、約20年前に出来た(元の駅舎は1990年10月の第22次西成暴動で焼失)とは思えないものすごく雰囲気のあるホームで待つこと10分少々で、次の列車が。車両はモ701形電車で、足回りを含めた完全新製車では、阪堺電車の中で一番新しい車両(ちなみに、旧車の足回り流用車を含めるとモ601形電車が一番新しい。)だそうです。
で、この列車でお隣の終点恵美須町駅まで行くのですが、南霞町駅を発車した列車は、ビルの谷間の薄暗い専用軌道を通って1分少々で終点に到着。その専用軌道は、当地で頻発した暴動の際に軌道敷のバラストが投石で使われるという理由でアスファルトをかぶせられていると聞いていましたが、南霞町駅付近以外は、普通にバラストむき出しでした。
恵美須町駅付近のバラストむき出しの専用軌道

恵美須町駅入り口恵美須町駅構内1恵美須町駅構内2
恵美須町駅の駅名標
恵美須町駅では、折り返しには乗らず、その次の列車で行くことに。
木造の建物が残るなどとても雰囲気のある駅の構内には、ホームレスらしき人が所在なげに佇んでいました。

恵美須町(9:33)-(9:53)我孫子道
97
恵美須町駅で発車を待つ我孫子道行き列車
(503)
改めてここから阪堺電車の阪堺線に乗るのですが、阪堺線は、明治42年(1909年)に、ここ恵美須町駅と堺市の市ノ町駅(現在の大小路駅)の間に出来た鉄道が元になっている路線だそう。
この時間帯、列車はすべて途中の我孫子道止まりになっていますが、その我孫子道まで行く列車は、クラシカルな外観のモ501形電車。昭和32年製ながらWN平行カルダン駆動など当時の最新鋭技術で作られた車両とのこと。
パラパラと乗客を乗せ恵美須町駅を出発した列車は、暫くのあいだ専用軌道を走行。途中、盛り土で高架っぽくなっている区間があったりするのですが、基本的には線路が人の生活圏とものすごく近いというか、路地裏を走り抜ける感覚があります。途中、天神ノ森駅を過ぎると併用軌道区間に。このあたりは、沿線にアパート・マンションが多いですね。そして、朝イチで乗った上町線と交差する住吉駅を過ぎ、住吉大社に沿って走ると住吉鳥居駅。まだ住吉大社は続き、それが過ぎると再び専用軌道に入って二駅ほど停まると、次が終点の我孫子道駅でした。
南霞町駅進入発車して暫くは専用軌道を行く天神ノ森駅駅を過ぎ、先程乗った汐見橋線の下をくぐると専用軌道へ
今朝ほど乗った上町線との平面交差住吉鳥居前駅を過ぎるとふただひ専用軌道へ二度目の専用軌道を行く
我孫子道駅に到着

我孫子道駅の駅名標車庫に引き上げようとする先程までの列車と交換する天王寺駅前行き列車
我孫子道駅は、阪堺電車の車両基地が併設され、またここが大阪市と堺市の境界であると共に、運賃の境界駅。
先程の列車から後続の列車に乗り継ぐ乗客は、あまりいないようでした。

我孫子道(9:56)-(10:22)浜寺駅前
99
我孫子道駅に接近する浜寺駅前行き列車
(605)
後続の列車は、朝イチでのったのと同じモ601形電車。車内は座席が3~4割埋まる程度の乗車率でしょうか。
列車は車両基地の横を過ぎると築堤で高度を上げ、大和川鉄橋を渡ると大阪市から堺市へ。綾ノ町駅から御陵前駅の間はものすごく広い大道筋(紀州街道)という通りを走る併用軌道区間となるのですが、併用軌道とは言っても車道と軌道はグリーンベルトで分離され、半ば専用軌道のようです。また、沿線の風景は大阪市内とは変わって、都会ですが高いビルなどはあまり見られなくなるような。そこを抜け再び専用軌道に入り、石津川を渡り、その先で南海本線をオーバーパスすると、日本最古の公立公園である浜寺公園が見え、終点の浜寺駅前駅に到着しました。
大和川橋梁を渡って堺市へ(最後尾の窓から撮影)堺市内の併用軌道を行く終点手前で南海本線をオーバーパス
終点の浜寺駅前駅進入浜寺駅前駅の駅名標浜寺駅前駅の駅舎
平成22年2月18日追記
現在、阪堺電車の堺市内を走る区間の廃止が取りざたされているようで。
もともと阪堺電車の堺市区間は年間2億円以上の赤字区間(ちなみに大阪市内の区間は800万円の黒字だそう。)で平成15年には廃止を含めた協議を堺市に申し入れたそう。それが、公有民営で堺市(経営予定者は阪堺と南海)が計画していたLRT事業(南海電鉄堺駅-南海電鉄堺東駅-シャープの液晶パネル新工場ができた堺浜間)の早期開業区間である堺駅-堺東駅間と一体的に低床型LRTとして整備することで生き残りを図る目算だったのが、この列車に乗った平成21年9月27日の堺市長選挙で当選した新市長によってLRT計画が全面見直し(堺駅-堺東駅間については建設中止)になり、また、支援を要請した阪堺に対して慎重な姿勢を見せたことから、再び廃止論が浮上する可能性が高まっているそうです。

国の登録有形文化財となっている浜寺公園駅の駅舎浜寺公園駅の駅名標浜寺公園駅のホームに残る木造の待合室
浜寺公園駅を通過するなんば行き特急ラピート浜寺公園駅を通過する特急サザン和歌山市行き浜寺公園駅を通過する区間急行なんば行き
浜寺駅前駅から出ると、左手に南海電車の浜寺公園駅が。
この浜寺公園駅の駅舎は、明治40年(1907年)建築の大変歴史のある建築物で、国の登録有形文化財にも登録されているそうです。
その浜寺公園駅で列車を待つ間に、南海の特急であるラピートやサザンが通過していきました。

浜寺公園(10:35)-(10:37)羽衣
6821
浜寺公園駅に入線するなんば行き普通列車
(8801)
ここからは、南海とJRを乗り継いで、試合の行われる長居スタジアムへ向かうのですが、まず始めは、南海本線でお隣の羽衣駅へ。
やって来たのは新しい8000型という電車でした。
羽衣駅の駅名標

東羽衣駅の駅舎東羽衣駅の駅名標
羽衣駅で下車した後は、隣接するJRの東羽衣駅へ移動するのですが、隣接すると言っても南海の出口を出てすぐお隣にJRの入口があるわけではなく、南海の線路に沿ってちょっと歩くので、それなりに時間(5分程度)はかかります。
そして東羽衣駅に着き、高架のホームで列車を待っていると、下から祭りのお囃子が聞こえてきました。

東羽衣(10:54)-(10:57)鳳
846H
東羽衣駅で発車を待つ鳳行き普通列車
(クモハ103-2504)
東羽衣駅からは、阪和線の支線(通称:羽衣線)に。ここから列車に乗るのは2度目になるのですが、以前乗った時は荷物電車を改造した123系という電車が走っていましたっけ。
で、この列車は、懐かしい低運転台の103系電車。ただし、今朝ほど大阪環状線で乗った103系同様、体質改善40N工事施工済み(2500番台で唯一の施工車)で、加えて、後で調べたところJR化後の平成元年の片町線木津電化用に改造されたモハ103-295を運転台付きに改造した車両だそうです。
車内には、これから長居スタジアムに向かうセレッソ大阪サポーターがちらほらと。やがて定刻となり東羽衣駅を発車すると、列車は暫く単線の高架を走り、地上に下りたと思ったら鳳駅に到着しました。
発車して暫くは高架線を走り鳳駅手前で地上へ鳳駅停車
鳳駅の駅名標(阪和線羽衣支線ホーム)鳳駅の駅名標(阪和線ホーム)

鳳(11:02)-(11:30)鶴ヶ丘
1582H
鳳駅に停車中の天王寺行き普通列車
(モハ103-409)
鳳駅で阪和線の普通列車に乗り換え。
車両は103系で、先ほどの車両のように大がかりな更新工事はしていないものの、ガラスの押さえがアルミになっていたり、戸袋窓が埋められたりしています。その車内には、先ほどの列車に引き続きセレッソ大阪サポーターの姿が。ただ、先ほどの列車よりは断然多いです。
で、この阪和線ですが、個人的に思い出の路線というか、大和川を渡って大阪市に入ったところにある杉本町という駅の近くに、20年以上前にちょこっと住んでいたことがありまして。でもって、毎朝阪和線の普通列車に揺られ、阿倍野にある学校通学していた、と。当時は、この103系の普通列車に乗るのって、わりと辛かったっけなぁ。
というわけで馴染みのある阪和線なんですが、列車は、その杉本町駅を発車すると高架の上に。私が毎日乗っていた頃は地上を走っていたのですが、平成16年(上り線。下り線は平成18年)に高架化したようで、長居スタジアムの最寄り駅である鶴ヶ丘駅も、以前とは全く別の、立派な高架駅に生まれ変わっていました。
鶴ヶ丘駅の駅名標長居スタジアムの最寄り駅である鶴ヶ丘駅の構内はセレッソ大阪一色

鶴ヶ丘駅の駅舎鶴ヶ丘駅に進入する和歌山行き普通列車(103系初期車使用!)左の和歌山行き普通列車の後部
長居スタジアムで応援(結果は…。)した後、鶴ヶ丘駅から帰途へ。
新幹線で帰るので、長居駅から大阪市営地下鉄に乗ればその後は乗り換えなしで新大阪駅まで行けるのですが、ちょっと予定というか思うところがあって、天王寺駅、大阪駅と乗り換えて行こうかと。

鶴ヶ丘(15:30)-(15:37)天王寺
1630H
試合帰りのサポーターで混雑する鶴ヶ丘駅ホームに入線する天王寺行き普通列車
(クハ103-265)
鶴ヶ丘駅からは、天王寺行きの普通列車に乗車。
車両は103系です。
それにしても、ホームも車内もサッカー帰りの乗客で大混雑でした。

天王寺駅で下車したら、頭端式の阪和線ホームの片隅にある立ち食いうどん店へ。これが、JR経由にした理由その1だったりします。
思い出の味に、満足いたしました。

天王寺(15:45)-(16:05)大阪
1553
天王寺駅に停車中の大阪環状線内回り普通列車
(クハ103-841)
天王寺駅からは、大阪環状線の内回り普通列車で大阪駅へ。
車両は偶然にも、今朝程芦原橋駅から乗ったのと同じでした。
で、大阪環状線って、何時乗っても混んでますね。

大阪駅で下車したら、JR経由にした理由その2、大阪環状線ホームにある立ち食いうどん店に寄ろうと思ったのですが、ホームの端にあった筈のスタンドが見あたりません。現在、大阪駅では、改修工事が行われているのですが、その影響なのでしょうか?
それにしても、残念だなぁ。

大阪(16:10)-(16:14)新大阪
192B
新大阪駅に到着した京都行き普通列車
(クモハ321-24)
大阪駅からは、京都行きの普通列車で新大阪駅へ。
車両は、初めて乗る321系という電車でした。
新大阪駅で見かけた485系の特急雷鳥号新大阪駅の駅名標(新幹線ホーム)
 

新大阪(16:50)-(20:47)東京
674A こだま674号
(719-33)
新大阪駅に入線するこだま674号(になる回送列車)
こだま号のサボ乗車した9号車入り口乗車した719-33の車内
700系のグリーン車である719-33のシート
新大阪駅からは、こだま674号で東京駅まで。のぞみだと約2時間半で東京に着きますが、こだまだと約4時間。ですが、JR東海ツアーズの販売する『ぷらっとこだま』を利用すると、新大阪-東京間がグリーン車で11,500円(ちなみに普通車用は10,000円。それにどちらも送料が200円かかります。)と、かなり割安に。
というわけで、初めて乗る700系のグリーン車を堪能いたしました。

東京(20:56)-(21:50)宇都宮
221B やまびこ221号
やまびこ221号の車内
(226-1015)
東京駅からは、盛岡駅のやまびこ221号に乗り宇都宮駅まで。
車両は懐かしの200系です。
で、この区間は、JR東日本の『えきねっとのトクだ値20』の割引運賃を利用。

宇都宮駅で下車した後は、在来線ホームに移動し、立ち食いそばを。
大阪の立ち食いうどんも美味しかったけど、ここの立ち食いそばも、やっぱり美味しいよなぁ。

宇都宮(22:05)-(**:**)**
3549M 快速 ラビット
(サハE231-1121)
最後は、黒磯行きの快速ラビットに乗り、自宅の最寄り駅まで。



参考:今回の遠征費用(飲食代は除く)

高速バスとちの木号運賃
 柳田車庫-あべの橋 11,000円
ぷらっとこだまグリーン車エコノミープラン
 新大阪-東京 11,500円
 送料 200円
えきねっとトクだ値20(乗車券+新幹線指定席)
 東京-宇都宮 3,830円
阪堺電車運賃
 1日乗車券 600円
南海電車運賃
 住吉大社-汐見橋 200円
 汐見橋-芦原町 150円
 浜寺公園-羽衣 150円
JR運賃
 芦原橋-新今宮 120円
 東羽衣-鶴ヶ丘 210円
 鶴ヶ丘-新大阪 290円
 宇都宮-** 570円
観戦前売券
 ゴール裏 Aアウェイ自由席(大人) 1,500円

合計 30,320円
 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ たけぞうのおぼえがき ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]